トム・ソーヤーは死んでいるか?

子供の育児・教育・買いたいもの・買ったものとかのページです。

世代で考え方は変わるのか?日本はよくなるのか?

世代で分けるのは、どうかと思うんですけど。。。

自分40代から見ると50代60代は戦後の日本を生きてきて

根性論を生きてきて

男女差別を生きてきて

LGBTも知らずに生きてきて

 

この結果セクハラの状況である。

 

アメリカでもモーガンフリーマンがセクハラって言われてるから、世代関係ないのかな?とも思うけど、

LGBTについての考え方などは、今の若い人のほうが意識が高いと思う。

 

自分から見てもちょっと上の年代の人たちは、体育会系・根性論が好きだなーと思う。

野球の桑田とからへんから、それに流されない人達が表れてきた気がします。

 

でもまだまだ40代も30代も毒されているとは思う。

 

年代で分けるものではないのかな?

日本について自分が間違っているのか?

いろいろな意見がTwitterやネットで飛び交っている

 

会ったか会ってないかの証明についての資料を破棄しているのは間違っていると思う。

 

モリカケ問題などに関わっているよりほかの外交など問題山積みのことを進めたほうがいいとは思う。

 

だからこそ、モリカケ問題を与党は早く解決するべきだとおもう。

 

何でもかんでも辞めろ辞任しろ、というのは間違っていると思う。

 

でもきちんと説明しないので、あればやめるべきだと思う。

 

日大のアメフトの部員さんのように、時系列しっかりと説明するべきだと思う。

 

裁判などもあるのでここでは言えないはダメだと思う。

 

なんでもかんでも、潔癖でいる必要はないと思う。日本国民やマスコミは潔癖を求めすぎだと思う。

 

だとしてもレイプ疑惑やセクハラ疑惑を軽く見るのはおかしいと思う。

 

いろいろ思うことはあるんですけど、ネットを見ると、思いっきり反対意見が多き掲載されているのでビビる。

 

論理的思考で考えれば、と思ったりするのですが、こちらが間違っているのかな?

 

 

 

 

デットプールってとんねるずだな。

デッドプールみました。

楽屋落ち、

むちゃくちゃ

コメディ

です。

それにヒーローものがのっかかります。

 

とても面白い。

これなんか似たような雰囲気だなーと思ったのがとんねるず

 

仮面ノリダーやその他のパロディコントに煮てますね。

 

デッドプールが上手なのでは、

やっぱり、一つのヒーローもの(でしかもラブストーリー)がしっかりと話を引っ張っているところでしょうか?

 

話の順番も少し変えていますし。

 

その中で、うちわネタや、映画という枠を超えてのコントや愚痴、茶化しトークを繰り広げてます。

 

こういうの日本では無理ですかね?

とんねるずが近かったと思うんですが、

 

でも映画としてのアクションやストーリー運びがちゃいっちいと面白くなくなるんだろうな。

あとは、オースティンパワーズにもちょっと似てますよね。

 

 

 

 

 

 

関取花はまってます。

ゴールデンウィークに六本木でFMのイベントがあって、それのオープニングアクト関取花さんでした。

 

30分!

初の生関取花

 

歌ってくれたのは、葬式の歌と親知らず。

葬式の歌はいまいち、よくわからなかったのですが、

親知らずは、2番の歌詞が身に染みて、いい感じでした。

 

でも2曲は少ないよー

 

で、6月にはアルバムが出て、

8月にはライブがあります。

 

ライブの2次先行チケット販売のTWITTERお知らせが流れてきまして、こういうのって、売り切れちゃうんですかね?

 

もともとすきなクロマニヨンズはあっという間に売り切れてましたが、関取花さんのライブ品川のやつは興味はあるんですけど、お金の状況とスケジュールがまだふわふわしているので、様子を見てます。

 

でもいければ行きたいなー

 

でも話が長いからなー(関取花さんの)(笑)

 

とりあえず、アルバムを買う予定で、そのうえでライブも検討しようと思ってます。

売り切れそうなら早く買わなきゃダメですかね?

 

 

もしも僕に

もしも僕に

 

 

 

むすめ

むすめ

 

 

 

べつに

べつに

 

 

 

 

下品なネットユーザー

妻の職場の人たちが、現在世間を騒がせている殺人事件などの加害者の住所や顔写真親の職業などをネットで見つけては、悪口を言っているらしい。

 

ほとほと疲れ果てている妻です。

 

最近、いわれている山口メンバーの被害者を探すたりするような行為ですね。

 

TOKIOの人たちはやめてください!と呼びかけていましたが、そういうことをする人いるんですね。

 

100歩譲って、確かに知りたい気持ちもわからなくもない。

YAHOOニュースに乗っていたら、クリックしちゃうかもですが、能動的に調べたり、それに対して、話をしたりする(職場で)のは下品だなーと思ったりします。

 

 

何か、もっとそのパワーを前向きに使えないですかね?

電力発電とかに使えないですかね?(冗談です)

 

今回そういう人がリアルにいるということを確認しました。

 

あ、ちなみにそんな、中学生みたいなことをする同僚は、もっと大人になれ、と思われるかもしれませんが、その人たちはすでに50歳、60歳を超えているとのことなので、立派な大人です。

 

うーむ。

 

教育って、今の教育を文句言うケースもありますけど、昔から問題があるんじゃないか、と思ったりします。

昔がよかったとか、今の教育や若者が良くないとかいうのは、違うなーと最近思います。

まあ、世代でわけるのもどうかとは思うのですが、、、

 

こういう人達はスマイリーキクチさんのTwitterなどを見て、ねっとリテラシーをもう少し理解すべきかと。

 

 

 

 

突然、僕は殺人犯にされた  ?ネット中傷被害を受けた10年間

突然、僕は殺人犯にされた  ?ネット中傷被害を受けた10年間

 

 まあ、そういう人には届かないと思いますが、、、

 

 

 

子供が初海外!留学します。

今年の夏、短期ですけど、子供が海外に留学します。

英語留学です。

親元からしばらく離れる状態は子供にとっても親にとっても初めて。

しかも、海外旅行体験もないので、こどもにとっては初めて尽くしです。

パスポートもこれから取りに行く感じ。

 

現在、手続き中。

 

さてさてどんな冒険になるのか、楽しみですし、

うらやましい限りです。

 

若者の時代ですねー。

親も含めてですけど、今年の夏休み

 

どんな失敗があってどんな体験ができるのか?

こうご期待です。

 

 

 

 

海外留学がキャリアと人生に与えるインパクト:大規模調査による留学の効果測定

海外留学がキャリアと人生に与えるインパクト:大規模調査による留学の効果測定

  • 作者: 横田雅弘,太田浩,新見有紀子,花田真吾,渡部由紀,秋庭裕子,小林明,米澤彰純,新田功,河村基,黒田一雄,貝沼智徳,芦沢真五
  • 出版社/メーカー: 学文社
  • 発売日: 2018/04/05
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

五月病?

仕事しながら、なんか、テンションが下がりまくってますよー

 

みんなもそうなのでしょうか?

 

上司にイライラ

 

仕事にイライラ

 

将来の別の仕事を考えたいなー。