トム・ソーヤーは死んでいるか?

子供の育児・教育・買いたいもの・買ったものとかのページです。

好きな芸人さんお笑いの変遷(日本版)

自分のお笑いの変遷を振り返ります。

箇条書きです。

 

物心ついてからは

ドリフターズでしょうね。

志村けんさん全盛の時です。

金田一探偵のパロディや、ゾンビやミイラなどアボットコステロのパクり見たいな感じのコントをやっていたり、桜田淳子さんとのコントなど毎週土曜日は笑っていました。

でも好きだったのは加藤茶さんですけど。

 

その後、伊東四朗、小松まさおさんのテレビなどを乗り越え

 

お笑いスター誕生をみつつ

漫才ブームを迎えます。

そのころは、セントルイスのほうが好きだったかな。

 

並行してなのか、欽ちゃんの番組もはまってました。

欽どこ欽ドン、金曜日などです。

 

ひょうきん族も始まりました。

 

ここまでは小学生まで

 

 

これから、ウッチャンナンチャンダウンタウン夢で逢えたらが始まります。

とんねるずも始まります。

三宅裕司さんのラジオやコント

たけしさんの番組も。

実はたけしさんの番組はえげつなくて苦手でした。

笑っていいとももいまいち。

さんまさんも、それ程でしたね。

そのころは、若手のウンナン一本でした。

 

 

 

 

 

 

上岡龍太郎鶴瓶のパぺポテレビにもはまります。

 

上岡龍太郎 話芸一代

上岡龍太郎 話芸一代

 

 

 

引退―嫌われ者の美学

引退―嫌われ者の美学

 

 

 

 

 

高校時代、寅さん渥美清にもはまりました。

 

そして今に至ります。

途中細かいのはありましたが、上記のお笑いさんが自分のベースですね。

 

大きく分けて

ウンナンがすき

演芸が好き

コントが好きという流れです。

 

そして今なのですが、

近年の自分の笑いの転換点は

有吉さんです。

 

嫌われない毒舌のすすめ (ベスト新書)

嫌われない毒舌のすすめ (ベスト新書)

 

 

 

 

 

この人の笑いは爆発力がありました。

本当に久々に テレビやお笑いに興味を持ちました。

映画界でいうとタランティーノみたいなインパク

 

そして熟練の味として伊集院光さん

 

のはなし にぶんのいち~イヌの巻~ (宝島社文庫 C い 6-1)

のはなし にぶんのいち~イヌの巻~ (宝島社文庫 C い 6-1)

 

 

 

 

そして復活したヒロミさん

 

 

いい訳しない生き方。 KKロングセラーズ

いい訳しない生き方。 KKロングセラーズ

 

 

この3人がお気に入りです。(ウンナンダウンタウンは別格)

 

そして、それでしばらく楽しんでいたのですが、

これから注目の人が

 

村本さん

 

 

西野さん

 

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

 

 

オードリー

 

 

オードリーのオールナイトニッポン [DVD]

オードリーのオールナイトニッポン [DVD]

 

 

ナイツ

 

ナイツ 二人対談

ナイツ 二人対談

 

 

 

おぎやはぎ

 

 

地味ですが何か?

地味ですが何か?

 

 

です。。。。

 

危うい人、安定の人、うまい人いろいろな意味で注目です。

 

とういうことで、思い浮かぶお笑いさん(←この言い方があんまり難しいですけど)

でした。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村